娘よー

e0142254_1901891.jpg
京都の大学に通っている娘が、夏休みを利用してタイラオスへ旅立って4日目
旅立つ1週間前に電話があり、一人で3週間の予定で旅に出るという事。
事前に何の相談もなく、旅行費用もアルバイトで貯めたらしい。
すぐに、たかのてるこガンジス河でバタフライが頭によぎった。
女子大生が一人でバックパッカーみたいにアジアをふらつくなど
特別な話だと思っていたが、まさか我が娘が同じような事をやらかすとは
最初に電話を受けた妻は、あまりの衝撃に呆然として固まっていました
普通の親だったら、危険だからやめなさいとか、誰かを誘いなさいと言うのだろうが、
私の口から最初に出た言葉は、ウラヤマシカネー楽しんできてね!でした。
小さい頃は、おとなしくて控えめだった子が、ドンドン自立して
親離れしていく姿を見ていると、自分の学生時代と比べ物にならないくらい
大人だなーと羨ましく思います。その反面、毎日が心配でたまりません。
携帯電話を国際通話が出来るようにしていくそうですが
はたして東南アジアの田舎町で携帯が繋がるのか?
それが繋がるみたいです!4日目にして初めて電話がありました。
無事に生きているみたいです。ホットため息。

娘==今、チェンマイにいるから。
父==オー生きとったかー!どうやそっちは?
娘==京都より涼しいよ
父==飯はうまいか?
娘==なかなかいけるよ。 たまに辛い料理に当たるけど
父==写真一杯撮ってきてね。楽しんでおいでー。又電話してね
娘==わかったよ。  バイバイ!

3週間の予定として、旅立つ前に送ってきたメールが、たったこれだけ。

バンコク→バンコクアユタヤ→チェンマイ→チェンライ→フェイサイ→
ルアンパバーン→ビエンチャン→ノンカイ→バンコクのルートの予定です。
飛行機は29日の10時発上海経由、帰りは18日13時ごろ関空着の便です。


次の電話を一日千秋の思いで待っています。
[PR]
by awazu34 | 2008-08-02 19:09 | 私事
<< ランチ 山も暑いでんなー >>