唐人町ぶらり


今回は、熊本市唐人町にある

武蔵屋さんと言う履物屋さんへ

私は雪駄を妻は手篭を買いに

出かけました。

百年以上続く老舗で

肥後モッコスのオヤジさんと

愛想の良いオカミさんと

娘さんが出迎えてくれました。


今、巷で評判の竹の皮で編んだ

雪駄を購入しました。

履き心地がよく、素足で履いていると

足の裏がスベスベになるそうです

私は夏の仕事用に白緒の雪駄を

妻は普段履き用にと

1足ずつ購入しました。


妻の今日の目的は
前回下駄の鼻緒を取り替えに
お邪魔したときに、目に止まった
手編みの篭です

本人はあけびの蔓だと思っていたそうですが
お店の人に尋ねると山葡萄の蔓だそうです
お値段もビックリするほど高く
買おうかどうか迷っていますと
お店の人曰く、山葡萄の篭は
大変丈夫で、30年以上使えますと!
迷った末に購入しました。

手触りも柔らかくて、
ブランド物のバックを買うくらいなら
絶対におすすめです!


買い物が済んだので、すぐ近くの

フレンチレストラン(塩胡椒)

ランチを頂いて帰ることにしましょう

今流行の古い町屋を改造したお店で

シェフはよく地元のテレビに出られている

有名なお店です。


今日のランチは2000円のコースです

白身魚のテリーヌ

カボチャのスープ

舌平目の焦がしバターソテー

パンとコーヒー

熊本のどこのお店でも言えることですが
全体的に味が濃い目に思えます
それが熊本人の好きな味覚なのでしょうけど
生まれも育ちも生粋の熊本人なのに
どうも熊本の味になじめませんなー
[PR]
by awazu34 | 2009-06-23 16:53 | ランチ
<< 草刈り Quilts in the F... >>